プロフィール

◆キャバ嬢処刑人 一輝

◆キャバ嬢処刑人 一輝
こんにちは。一輝(イッキ)です。
数々の女性たちを処刑してきたオレですが、この度、キャバクラという最高峰の女性が集まる場所で、自分の実力を試そうと思います。
キャバ嬢はそう易々と処刑できないだろうし、逆に喰い物される危険性があるのは理解しています。しかしそれでこそ、処刑する価値があるのです。
処刑するか?!はたまた破産するか?!
キャバ嬢vs一輝をよろしくお願いします。


全ての記事一覧

キャバ嬢処刑人ブログの
過去、全ての記事一覧です。

全ての記事一覧
→全ての記事一覧はこちら

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


ブログ内検索


RSSフィード


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※著書「キャバクラでモテる“真”常識」を購入して下さった方から頂いたメッセージです。


東京都 28歳 インターネット関係 前原さん


オレは一般的に見ればカッコいい方だと思っているのですが、今まで全くキャバ嬢を落とすことができませんでした。

どうせ落とせないんだったらNo.1でも指名して客としてでもいいやと思い、六本木の某有名店のNo.1をずっと指名していたんですが、やはり「落としたい!」という想いが強くなってきました。


しかしさすがNo.1キャバ嬢。いつまでたっても落とすどころかプライベートですら会うことができませんでした。いつも体調不良などの理由でスルーされてばっか・・・。お店ではオレのことを好きって言ってくれるのにね(笑)


この状況を変えたいと思い友人に相談したところ、「オススメの書籍があるよ。参考までに読んでみたら?」と言われこの書籍を購入してみたのです。読んでみるとキャバ嬢の気持ちをグッと引き寄せるためのノウハウが書いてあり、これを実践してみたところ1ヶ月ほどでアフターなり店外デートなりができるようになりました。意外と気付かなかった自分のダメだった部分がわかったのは非常に大きかったです。


この本に書かれたことを忠実に実践していくと、少しずつですが彼女の反応が変わってきたのです。キャバクラの仕事での悩みやプライベートな相談をされるようになり、距離が縮まっていったのです。


あとは勇気を振り絞り告白!!「キャバクラのお仕事は好きだから辞めたくないけど、それでもいい?」との返事が!!オレはもちろんと答えると、「理解ある人が好きなの。私もそういう人なら付き合いたいと思うよ。じゃあこれからは彼女としてよろしくね」とOKをもらえました。


ついに念願の彼女を落とすことができました。やっぱ男は顔じゃなかったんですね・・・(笑)本当にこの書籍に出会えて感謝感謝です!!今は彼女にプロポーズしようと思っているのですが、一輝さん!!「プロポーズが成功する方法」も書籍にして下さいよ(笑)




キャバクラでモテる“真”常識
キャバ嬢処刑人が明かす「キャバクラでモテる“真”常識」


スポンサーサイト
※過去オレが書いていたブログの記事です


こんばんは。一輝です。

セックスって相性があるんですね。昔たった一度だけ死ぬほど相性が合う女と出会いました。

彼女の名前はミワ。カワイイというよりキレイな女で、まさにセレブ風という感じでした。

スタービーチ女

自己中な奴だったが、まぁいつもどうりオレの伝家の宝刀 ”喰い逃げ” をかましてやれと心の中の鬼がつぶやきました。

お台場の浜辺で告白⇒ディープキス。
「濡れちゃった(//・_・//)」
と照れながら言うので、オレのチンポはヨッシャーo(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪まさにチンポ祭り。

ここは紳士的に「今日は一緒にいようか」とささやき、タクシーに乗り込み「一番近いラブホまでお願いします」と抑えきれない気持ちを押し殺してラブホに向かいました。

ラブホ到着後すぐにキス&フェラ。はち切れんばかり肉棒をおいしそうにくわえながら「入れてください(*v.v)。」と言ってきた。

ドMなオレだが、ここはさすがに興奮の絶頂。すかさずファック。

最中でも「カタイ」だの「腰使いサイコー」だの「イっちゃう」だのオレは自分を見失ってしまった。

その晩オレは最高記録の7回をたたき出し、チンコが取れそうになってもた。ラブホを出てからも
「チンコイタイ。チンコトレル。チンコモゲル。デモ、チンコイレタイ。」
と叫び、カラオケに行ってまたファック。

その後、オレはアフリカの難民の子供たちのような風貌で帰宅したのです。

彼女とは仕事の時間のすれ違いにより付き合うことはありませんでしたが、今でも心の中で素敵な人として残っています。

セックスの相性の良さがここまで人を愛するために大切なものだと初めて知った出来事でした。

彼女を超える「まだ見ぬアナタ」を探しに今日も大都会で戦い続けています。



キャバクラでモテる“真”常識
キャバ嬢処刑人が明かす「キャバクラでモテる“真”常識」


※著書「キャバクラでモテる“真”常識」を購入して下さった方から頂いたメッセージです。


東京都 22歳 フリーター 樋口さん


僕は全くモテない男でした・・・涙


モテるようになりたいと思い“ブサイクな男がたった1日でモテるようになる”といった書籍を購入したことがあったのですが、あれはウソでした・・・。やっぱり現実は甘くないんですね。


しかしある日ネットでこの「キャバクラでモテる“真”常識」を見つけたのですが、他の書籍に比べ、全く誇張した表現など無く、“100%なんてあり得ない”と書いてあったので信用して早速購入してみました。読んでみるとやはり魔法のようなことは書いてないし、あくまで本人の努力も必要だと正直に書いてありました。


すごくわかりやすく説明されており、僕のような女の子とあまり接したことがないような人間でも簡単に実践できる内容だったので非常に役に立ちました。しかもフリーターでも簡単に手が届く値段だったも魅力の一つでした。


書籍に書いてあったモテるための条件を読み、自分なりに努力した結果、バイト先の女の子と二人でカラオケに行くことができました。僕にとっては非常に大きなことでした。


女の子と普通に話ができるようになり、毎日が充実してきたのですが、日に日にやっぱり可愛い子と遊んでみたいという気持ちが強くなってきたのです。そこで勇気をだして緊張しながらも歌舞伎町のキャバクラに行ってみました。


一輝さんが言うように、街では見たこともないような綺麗な女性たちがたくさんいたのです。何人か女の子がついたのですが、どの子も可愛くて選ぶことができませんでした・・・(笑)


4人目くらいに新人の女の子がついてくれたのですが、その子はまだあまり夜の世界に染まっていないような感じでした。というより染まっていないと自分がわかるようになっていること自体に驚きを隠せませんでした。そしてこんな子なら話しやすいと思い指名をして、この書籍に書いてあったキャバクラでのルールを意識しながら会話を楽しんでみたのです。


一週間メールでのやり取りをした後、再度その子に会いに行ったのですが、なんとその日にアフターが出来たのです。ちゃんとアフターの誘い方をこの書籍から学んだ結果でしょうか。
僕のような今まで女の子とあまり接したことがないような人間でも努力をすれば少しずつ変わっていけるのですね。「触るな危険!」をいつか実践してみようと思っているのですが、まだまだ僕には先かもしれません(笑)


とりあえず今はこのキャバ嬢との距離を少しずつ縮めていけるように頑張ります。本当にこの書籍に出会えて良かったと思っています。ありがとうございました。
本当にこの書籍に出会えて良かったと思っています。ありがとうございました



キャバクラでモテる“真”常識
キャバ嬢処刑人が明かす「キャバクラでモテる“真”常識」



※著書「キャバクラでモテる“真”常識」を購入して下さった方から頂いたメッセージです。


東京都 19歳 歌舞伎町ホスト カリメロさん


歌舞伎町のホストを始めて3ヶ月。全然お客さんを持っていませんでした。


一方先輩ホストは可愛くてお金を持っているキャバ嬢をたくさんお客さんとして掴んでおり、毎日華やかな生活をしています。オレも早くキャバ嬢をお客さんにしたいと思っているのですが、なかなかあのテンションやわがままな態度に対応できずに指名をもらえませんでした。


そして悩んでいたオレを尻目に、同期でホストになった友達がお客さんを掴み、キャバ嬢のお客さんも何人かゲットしていました。男としてのプライドはあったのですが、正直にその友達にどうやったらお客さんを掴めるのかを聞いてみました。すると「この本読んでみろよ。結構参考になるよ。女のことで意外と見落としてたことが書いてあるから」とこの本を勧められたのです。


早速読んでみると、確かに当たり前のことは書いてあるのですが、その当たり前が出来ていなかった自分に気が付いたのです。


まずは基本に忠実に実践していき、そして応用。次第にお客さんを掴めるようになってきたのです。しかも念願のキャバ嬢も掴むことができるようになりました。そしてついに努力の結果、ホストになって5ヶ月目になんとナンバー5入りを果たしたのです。


この本を先輩ホストに見せたところ、「あー、なるほどね。確かに的を得てるなぁ。俺らが自然と意識してることが書いてあるじゃん。ちなみにこの本はホストが書いてんの?」と言っていました。今はお客さんのキャバ嬢からの枕を断るので必死ですね(笑)


この本はキャバ嬢だけでなく、一般の女にも使えます。とても参考になりました!!



キャバクラでモテる“真”常識
キャバ嬢処刑人が明かす「キャバクラでモテる“真”常識」


ギャップ

こんばんは。一輝です。


モテるため、恋愛の魔術師になるために大切なこと、”ギャップ”についてかこうと思います。

EXILEのアツシがモテるのは、あの外見に似合わない甘い声とツブラな瞳をもっているから。
単純に見た目とのギャップに人は惹かれるんです。
ギャル男が礼儀正しかったらイイ人に思いますよね。これを利用するだけでどんな女も沈められます。

まず自分が人からどういう風に見られるかを考えるんです。
オレの場合は「遊んでそうでブランド物を身につけていてナルシスト」のイメージだと思います。女にこういうイメージだと言われた時は、こう切返します。

「遊んでたで。ブランド物を身につけているのは自分に自身がないから。着飾ることで少しでも自分に自身を持ちたいからやねん。昔は遊んでていろんな女の子と知り合ったことで、自分の視野が広くなったし女の子の求めてることが理解できるようになったなぁ。今は普通に誰かを好きになりたいよ。逆に遊びを知らない男って魅力を感じる?」

ここでのポイントは、遊んでることは否定せず少しまじめな顔をしながらやさしい口調で。
そうすることでオレのイメージは「女の子の気持ちを理解してくれる
やさしくて知的な人。それでいて自信過剰じゃなく少しミステリアス」に一新する。

もう後は余裕でその女は転がっていきます。

しかし自分のギャップがピッタリ当てはまらない女がいます。そういう時オレはさらに上級テクを使います。

先に理想の男性を聞いておき、その逆の男を演じたあとに理想の男になりすまします。

また元カレの話を聞き、別れた理由を聞く。ひどい男だった場合でも絶対その元カレを否定してはいけない。一度でも好きになった人なのだから否定すると、その子を否定することになるからです。

そしてさりげなくその男とは違うことをアピール!

例えば束縛がひどかった場合は
「その人はその人なりの愛し方なんじゃない?すごい愛されてたと思うよ。オレは束縛とかできないけど」と言う。

まさにチャライ男としっかりした男のギャップにより今までの女は、股を開いてきました。

その後は煮るなり焼くなりすれば良いのです。オレはヤった後は完全無視しますけど笑

まぁ今度試してみてくださいo(^▽^)o



キャバクラでモテる“真”常識
キャバ嬢処刑人が明かす「キャバクラでモテる“真”常識」


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。