プロフィール

◆キャバ嬢処刑人 一輝

◆キャバ嬢処刑人 一輝
こんにちは。一輝(イッキ)です。
数々の女性たちを処刑してきたオレですが、この度、キャバクラという最高峰の女性が集まる場所で、自分の実力を試そうと思います。
キャバ嬢はそう易々と処刑できないだろうし、逆に喰い物される危険性があるのは理解しています。しかしそれでこそ、処刑する価値があるのです。
処刑するか?!はたまた破産するか?!
キャバ嬢vs一輝をよろしくお願いします。


全ての記事一覧

キャバ嬢処刑人ブログの
過去、全ての記事一覧です。

全ての記事一覧
→全ての記事一覧はこちら

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


ブログ内検索


RSSフィード


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野望

こんにちは。「金さえあれば何でもできる」が座右の銘である、キャバ嬢処刑人です。


昨日ロンドンハーツで「キャバ嬢が見たニッポン」という特集をやってたんですけど、それを蒼也と一緒に見てたんですが、やたら可愛いですね。全国から集まったキャバ嬢たちが客からの貢ぎ額とか話してたんですけど、やっぱキャバ嬢はサイコーだったぜ!全員ヤリたいです。


しかし特集では秋田のキャバ嬢が目立ってたんですが、そんな秋田のキャバ嬢よりも東京のキャバ嬢を映さんかい!!とひたすらキレてました(笑)。可愛い子見つけて指名しに行こうと考えてたのに・・・。


まぁそんなこんなでオレの将来の夢を語ることにするぜ。


キャバクラには大きく分けて2つの客が存在する。細客と太客だ。オレは当然太客になるのが夢なのです。


しかしいろいろなキャバ嬢から聞いた話では、太客はアホが多いそうだ(細客にも多いが)。金にモノを言わせてデカイ態度をとってみたり、高級な貢物をしてキャバ嬢の心を掴んでいると勘違いしている大アホどもばっかなのです。


そういうヤツらは本当の遊びを知らずに育ってきた。女に相手にされず、死に物狂いで仕事をしてきたからこそ、女扱いが下手くそなんだ。だから金持ちになって、金の力が自分の力だと思い込んでしまったオツムの弱いクソなんです。


オレから言わせればそんなことでキャバ嬢とヤったからといって真の満足感は得られないと思うのです。キャバ嬢はその太客の魅力に抱かれたわけではなく、金の力で渋々股を開いただけなのだ。


男としての魅力で女を抱きたい!それがオレの揺るがない本心であり、それはこの先も絶対変わらないだろう。


オレが金持ちになったなら・・・。


アホな太客どもは金をキャバ嬢に使い、「オレがいないとお前はやってけないだろう」と迫る。金の力を武器にするのだ。


しかしオレは違うぜ。オレなら金を稼げる男を武器にする。そして金があればあるほど、謙虚な姿勢でキャバ嬢や店に接する。モテる男の要素はいろいろあるが、金を稼ぐ能力というものも絶対的にその要素の一つだ。つまり金を稼ぐ能力とは男の魅力の一つだと思う。金を持っているだけの男には魅力はない。


女を口説くことと、ビジネスでいう経営は似ていると思う。


アホな経営者は自社商品を売るために多額の費用で広告出稿及びブランディングを図る。また営業して売りまくる。しかし売っても売っても会社に利益が残らない。それは自社商品の魅力がなく、本来の意味でのブランディングが出来ておらず、CPA(1件売るためにかかった費用)が高くなってしまっているのだ。


これがアホな太客で多額の資金を使ってキャバ嬢を口説きまくるということだ。


しかし良い経営者は同じように多額の費用で広告出稿及びブランディングを図る。また営業して売りまくる。しかし会社には利益が残る。それは自社商品の魅力もさることながら、緻密なマーケティングをしている。商品が良く、見込み客の開拓が上手いとリピーターが増えるので広告出稿や営業しなくても売れるようになる。すなわちCPAが安いのだ。


究極の営業とは・・・?


それは営業しないことである。客が求めて買っていくということ。


そして究極の口説き方とは・・・?


口説かないことだ。


そういう男にオレはなりたい。



キャバクラでモテる“真”常識
キャバ嬢処刑人が明かす「キャバクラでモテる“真”常識」


スポンサーサイト

コメント

かなり将来考えてるンゃァwww
でもキャバ嬢処刑してる方が読みたいかもΨ(`∀´#)

ほんとにその通りですね。由香もキャバ生活で
「店にきて」って言ったことは殆どありません。
本当にそっちの方がリピーターが増えるから☆


来て…とは言わずに相手の心を掴むメールを日々送り…相手が仕事や生活の中で精神的にやられてる時に、親身になって相談を聞く…と細い太いに関わらず長くなる確立が多いです笑


私達側も、口説かない人は時に容姿に関わらず魅力的に移るし、外で逢いたくなります☆

お客様もキャバ嬢も基本は一緒☆

どうやったら相手の心を掴むか・印象に残るのか…?
かもしれませんね☆

一輝さんが結婚するとして、目の前に二人の女性がいたとします!非処女のエビちゃんと処女のもえちゃんならどちらを選びますか?結婚相手の条件に処女かどうかこだわりますか??

容姿とか持っている要素だとかそういった外面的なものに惹かれて体だけ1日一緒にいたって、それこそ真の満足感が得られらるのかなって思ってしまいます。
要は心を落とした上で抱きたいってことなんだろうけど、逆に処刑人さんは相手を本気で愛してなくてもいいのかなと思います。
やっぱり男って1人の人と深く関わるよりもかわいいことたくさんやれればいいって感じなんですかね。

>>yuu
そうですね。キャバ嬢処刑人として、処刑していくことを書いていきますね(笑)

>>由香
なるほどですね。やっぱり現役キャバ嬢さんの意見は非常に参考になります。「こうしたい!」っていう願望を隠さなきゃいけないだろうし、逆に時には出さなきゃならない場面もありますよね。ホント人間付き合いというのは奥が深いと思います。

>>童貞東大生
おもしろい質問でウケました(笑)。そうですね、僕は非処女のエビちゃんを選びますね。処女かどうかこだわっているといえばこだわっていますが、そこまで気にはしてないです。強いて言えば非処女が良いです。経験というものは大切だと思いますよ。

>>り
すいません、誤解を招く記事だったかもしれません。それでは次の記事で詳しく僕の考えを書かせてもらいますね。

やべっ、なんかカッコイイんですけど(笑)
今まで読んだ記事の中で一番文才を感じるものでしたな

>>暇人
かっこいいですか?ありがとうございます☆

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://casthunter.blog88.fc2.com/tb.php/28-63b39403

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。