プロフィール

◆キャバ嬢処刑人 一輝

◆キャバ嬢処刑人 一輝
こんにちは。一輝(イッキ)です。
数々の女性たちを処刑してきたオレですが、この度、キャバクラという最高峰の女性が集まる場所で、自分の実力を試そうと思います。
キャバ嬢はそう易々と処刑できないだろうし、逆に喰い物される危険性があるのは理解しています。しかしそれでこそ、処刑する価値があるのです。
処刑するか?!はたまた破産するか?!
キャバ嬢vs一輝をよろしくお願いします。


全ての記事一覧

キャバ嬢処刑人ブログの
過去、全ての記事一覧です。

全ての記事一覧
→全ての記事一覧はこちら

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


ブログ内検索


RSSフィード


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうもご無沙汰です、キャバ嬢処刑人の一輝です。

最近ちょっと仕事が忙しくて、更新が鈍ってました・・・。すいません。


前回、歌舞伎町No.1との出会いを書きましたが、いろいろ処刑に向けて動いている最中です。

ということで、やっぱ歌舞伎町No.1のAは可愛いので、夜もその子のことを考えてしまうんです(笑)。妄想の中で、旅行に行ったり、結婚式をしたり。

もう病気ですぜ!

処刑人ともあろうこのオレが、確実に恋をしてしまっている。

あかん、あかん。

こんな気持ちで処刑をしようとすると、確実にボロがでてしまう。恋は盲目と言いますからね。言わんでもいいことを言ってしまい、処刑に失敗してしまう可能性が大だ。

そこでオレは心のバランスを取るために、歌舞伎町No.1のAに匹敵する相手に会う必要がある!

そうすれば、この恋心が分散されますからね。

ということで、歌舞伎町に行ってまいりましたー!


その子をBとしましょう。

Bは店ではNo.1ではないですが、かなりメディアに露出している超有名キャバ嬢です!

知名度だけはAと同じくらい、相当有名な子なんです。

Bが在籍するキャバクラは、カリスマキャバ嬢が多数存在するので、No.1ではないようです。おそらく、他の店舗に行けばNo.1になれるんじゃないか、というレベルですね。

またも蒼也と共に会いに行ったわけですが、今回はいきなりの指名ではなく、フリーで入店したあとに指名するという作戦でいくことにしたぜ!

そっちの方が、自然な流れで出会うことができるというわけだ。

しかしそんなカリスマキャバ嬢が、フリーの細客につくのか?という疑問があるかと思うが、そこは心配無用だぜ!

オレにはいい作戦があったのです。

まず店に到着。店頭の黒服にこう言うのです。

一「すいません。今日Bちゃんって出勤してます?」

黒「はい。してますよ。ご指名ですか?」

一「いや、どうしようか迷ってるんですよね~。たぶん会えば指名すると思うんですけど、まだどういう子かわかんないんで、とりあえずフリーで入ります。」

フフフ。これでおそらくBはオレにつくはずだ。

よっしゃ!待ってろよ!



入店して少しすると、キャバ嬢が来た。

Bではなかったが、「まぁ最初はさすがに来ねぇだろ」ということで、そのキャバ嬢と話しながら店内を観察する。


いた!!!!!!

やべぇー!超カワイイじゃねぇか!!!!

ヒョー!!!

下半身に熱いものがこみ上げてくる感覚を抑え、今か今かと待っていた。




・・・




・・・・




・・・・・





1時間経過。


なんでや!!!なんで来んのじゃい!!

ボケの黒服が!!





と思った瞬間、Bがこちらに向かって歩いてくるではないかっ!!

よーし!!!来い来い来い来ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!!!


B「どうも~。」

蒼「あ~、どうも。」



え?



なんで蒼也の隣に座ってるの?



蒼也はオレの方を見て、不思議そうな顔してる。


なんで?


ま、まさかっ!

黒服のヤロー、付け回しを間違えたんじゃねぇのか?!


おい!ちょっと待て!!!

ホントお願い!!ちょっと待って下さい・・・。お願いします・・・。



蒼也とBは楽しそうに話をしている。


オレの隣には入店初日の新人。


ふざけんじゃねぇよ!!!!

なんでオレはいつも新人ばっかつくんじゃーーーー!!!

しかもよりによって、Bが蒼也の隣におるねん!!!


くっそーーーー!!!ボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケボケーーーーーーーー!!!!!


何も言えず、退店時間になり終了。


蒼「なんでオレにBがついたの?」

一「知らないっすよ!!!!黒服が付け回し間違えたんじゃないですかっ!!」

蒼「怒んなよwww」

一「怒るわいっ!!!なんでオレにつかんかったんやー!!!!」

蒼「オレBちゃんとメールしよっと。」

一「待てーーーーーーーーーーー!!!それは絶対やめてーーーーーーーーー!!イヤーーーーーーーーーーーーー!!!お願い・・・・・・・・。」

蒼「オレ赤外線で番号交換したぜ。」

一「やめて・・・・・・。聞きたくないよぉ・・・・・・・。」

蒼「まぁ、オレはBちゃんみたいな強めな女は恐ろしいから、お前に譲るよ。オレじゃ手に負えんからなwww」

一「ありがとうございます・・・・。」

蒼「それにしても、Bちゃんはめちゃくちゃ可愛かったなぁ。カリスマなだけあるぜ。」

一「はい!Aとどっちを選ぶか悩みますよー。同時に告白されたらどうしよう・・・。」

蒼「されないから安心しな。」

一「確かにwww」

蒼「オレはアホな女が大好きだ!!!」

一「オレは俄然強めな女が大好きです!!!」

蒼「じゃあ今度は指名でBちゃんに会いに行けよ。」

一「はい。そうします・・・。今日は無駄な時間を過ごしましたよ。考えただけでもムカついてきますよ!!!」



アホな一日を過ごしました・・・・。



キャバクラでモテる“真”常識
キャバ嬢処刑人が明かす「キャバクラでモテる“真”常識」



スポンサーサイト

コメント

ちょwww

本末転倒杉るwww
多分アレだ。一揆から狼のオーラが漏れてたんだww
コイツは危険みたいなwww
これも、Bの性格見ないと何とも言えないが、無理な空気が漂っとるww

処刑人でも妄想するンゃぁwwww
可愛いゃん♪♪
でも蒼也サンに付いたのゎショックゃナァ。。。。

でも蒼也サンが興味なくてょかったンぢゃナィんですか??(・∀・)ノ

>>りょうま
オ、オーラですか?確かに蒼也に比べると危険なオーラはあるかもしれませんねwww
しかし、無理な空気なんて言わないでくださいよーwwwまだわかんないんですから。

>>yuu
妄想はめちゃくちゃしますよwww処刑するイメージを持つことが大切なんだと勝手に思ってます。
蒼也とオレは好みがちょっと違うんで、Bは俄然強めのお姉さんなのです。

まったく、、、仕事の出来ない黒服ですね・・・・

相方さんとは取り合いになったりはしないんですか?

>>エビ蔵
相方とは基本的には好みが違うので、大丈夫ですよ。僕はお姉さん系が好きで、相方は子供っぽい子が好きなんで、今回のBは完全にお姉さん系なんです。

使えない黒服のせいで残念な結果に終わってしまいましたが、これに懲りず、これからも処刑に精を出してくださいね(σ・∀・)σ

覚えておりますでしょうか?
こないだはありがとうございました♪
僕もカリスマキャバ嬢に会ってみたいです!!
これからもよろしくお願いします!!

>>M女
ありがとうございます!Bには近々会いに行く予定なんで、また更新しますねー

>>翔太
おー!!覚えてるよー!まさかオレに会いに来るとは思わなかったからビビったよ(笑)。これからもよろしくです!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://casthunter.blog88.fc2.com/tb.php/39-e8fbe630

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。