プロフィール

◆キャバ嬢処刑人 一輝

◆キャバ嬢処刑人 一輝
こんにちは。一輝(イッキ)です。
数々の女性たちを処刑してきたオレですが、この度、キャバクラという最高峰の女性が集まる場所で、自分の実力を試そうと思います。
キャバ嬢はそう易々と処刑できないだろうし、逆に喰い物される危険性があるのは理解しています。しかしそれでこそ、処刑する価値があるのです。
処刑するか?!はたまた破産するか?!
キャバ嬢vs一輝をよろしくお願いします。


全ての記事一覧

キャバ嬢処刑人ブログの
過去、全ての記事一覧です。

全ての記事一覧
→全ての記事一覧はこちら

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


ブログ内検索


RSSフィード


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※過去オレが書いていたブログの記事です


こんばんは。一輝です。

セックスって相性があるんですね。昔たった一度だけ死ぬほど相性が合う女と出会いました。

彼女の名前はミワ。カワイイというよりキレイな女で、まさにセレブ風という感じでした。

スタービーチ女

自己中な奴だったが、まぁいつもどうりオレの伝家の宝刀 ”喰い逃げ” をかましてやれと心の中の鬼がつぶやきました。

お台場の浜辺で告白⇒ディープキス。
「濡れちゃった(//・_・//)」
と照れながら言うので、オレのチンポはヨッシャーo(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪まさにチンポ祭り。

ここは紳士的に「今日は一緒にいようか」とささやき、タクシーに乗り込み「一番近いラブホまでお願いします」と抑えきれない気持ちを押し殺してラブホに向かいました。

ラブホ到着後すぐにキス&フェラ。はち切れんばかり肉棒をおいしそうにくわえながら「入れてください(*v.v)。」と言ってきた。

ドMなオレだが、ここはさすがに興奮の絶頂。すかさずファック。

最中でも「カタイ」だの「腰使いサイコー」だの「イっちゃう」だのオレは自分を見失ってしまった。

その晩オレは最高記録の7回をたたき出し、チンコが取れそうになってもた。ラブホを出てからも
「チンコイタイ。チンコトレル。チンコモゲル。デモ、チンコイレタイ。」
と叫び、カラオケに行ってまたファック。

その後、オレはアフリカの難民の子供たちのような風貌で帰宅したのです。

彼女とは仕事の時間のすれ違いにより付き合うことはありませんでしたが、今でも心の中で素敵な人として残っています。

セックスの相性の良さがここまで人を愛するために大切なものだと初めて知った出来事でした。

彼女を超える「まだ見ぬアナタ」を探しに今日も大都会で戦い続けています。



キャバクラでモテる“真”常識
キャバ嬢処刑人が明かす「キャバクラでモテる“真”常識」


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://casthunter.blog88.fc2.com/tb.php/7-c4216b99

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。