プロフィール

◆キャバ嬢処刑人 一輝

◆キャバ嬢処刑人 一輝
こんにちは。一輝(イッキ)です。
数々の女性たちを処刑してきたオレですが、この度、キャバクラという最高峰の女性が集まる場所で、自分の実力を試そうと思います。
キャバ嬢はそう易々と処刑できないだろうし、逆に喰い物される危険性があるのは理解しています。しかしそれでこそ、処刑する価値があるのです。
処刑するか?!はたまた破産するか?!
キャバ嬢vs一輝をよろしくお願いします。


全ての記事一覧

キャバ嬢処刑人ブログの
過去、全ての記事一覧です。

全ての記事一覧
→全ての記事一覧はこちら

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


ブログ内検索


RSSフィード


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昆虫vs一輝

※過去オレが書いていたブログの記事です


こんばんは。一輝です。

昔東京に出てきて最初にバイトをしたのがカラオケ店だった。酒に酔ったギャルが集まるところといえばカラオケの深夜バイトしかないと思い、渋谷のど真ん中の店で働き始めた。

店頭で客の呼び込みをやっていると、まさにカナブンのように黒光りしたチビデブの昆虫ギャル二人が話しかけてきた。

昆虫

「お兄さん。今から朝までだといくら?」

値段を言うと、諦めて渋谷の街に消えていこうとしたので、この昆虫達に大人の甘い蜜を吸わせてやろうと思い、かなり安くして入れてやった。

ドリンクを部屋まで運んでやると、やたらと話しかけてきやがる。ギャル達はかなり不細工だが、話しているとなかなかおもしろいぜ!

「お兄さんどこに住んでんの~?」

「高円寺ですよ。」

「どこそれ?近い?」

「まぁまぁ近いですよ。」

「じゃあ泊めて~!」

「あはは。いいですよ笑」

と冗談を言っていると、なんと一匹の昆虫がさりげなくオレのチンコをまさぐってきた!!オレのチンコから甘い蜜が出てくることを早速嗅ぎつけたか!

さすが昆虫だぜ!

仕事が終わるまで待っていると言うので、外は寒空だしさすがに待たないだろうと思っていると店の前にブルブル震えながらしゃがみ込んでいた。

さすが昆虫!甘い蜜にはとことん目がないヤツらだ!

一匹の昆虫はどこか行く用事があると言って帰ったのだが残っている昆虫はチンコをまさぐってきた方だ。早速家に連れ込んでみると、なにやらカバンから小さな液体を取り出してきた。

「これ少し飲むとチョーHな気持ちになるし、感じるのヘ(゚∀゚*)ノ」

と言って飲み始めた。おいおい、オレの蜜だけじゃ飽き足らず、さらに甘い蜜を求めるのか!どんだけ欲張りな昆虫やねん!

一緒にベットに入るとオッパイを自分で弄びながら、

「オッパイ大きいでしょう?いっぱい触っていいよ(`∀´)」

とこのオレに指図してきやがった。昆虫のくせに人間に指図してんじゃねぇ!人間の恐ろしさを見せてやるぜ!

むりやりアナルを舐めさせてやったら、やたらと興奮してやがる!コイツはただの昆虫じゃねぇ!

昆虫の王、カブトムシだ!

「中出しして!」と言うので、少し危険だと思いゴムをつけて挿入してやった。

最後は腹に出してやると・・・・さすが昆虫!!腹に出した甘い蜜を手でふき取り、おいしそうに舐め上げやがった。さすがに引いたぜ。

このオレを引かせるなんてただのカブトムシじゃねぇ!

カブトムシの頂点である、ヘラクレスオオカブトだ!

そのあと、オレは寝ようとしていると

「お兄さん。アタシと付き合って。お兄さんのこと好きになった。」



・・・



・・・・



・・・・・



アホか?!



人間と昆虫が付き合えるわけないやろ!コイツはハッキリ言ってやらないと分からない相当のアホだ。

「ムリ!オレは好きじゃないし、早く帰って!!」

と言うと

「なんで?!なんでアタシじゃダメなの?なんで?!」

と泣き出した。『昆虫の目にも涙』ってやつだね笑
笑いを押し殺しながらとっと帰らせ、害虫駆除してやったぜ!今頃あの昆虫はどこかの博物館で標本にでもなっているのかなぁ~、と思う今日この頃でした。



キャバクラでモテる“真”常識
キャバ嬢処刑人が明かす「キャバクラでモテる“真”常識」


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://casthunter.blog88.fc2.com/tb.php/9-42eb972d

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。